comment 0

手の跡

20140317

 

井原市の田中美術館で開催されている大平實展

副題が『砂漠からの風』とあるとおり作品の背景には乾いた空気

が感じられ言葉ではなく体と手の感覚で削りだした原始な発信。

高さ約4mもある作品の周りを何回となく歩き微妙なラインに感動

するのでした。

Leave a Reply


CAPTCHA