comment 0

JA西大寺

現場の往き道中、カーブを曲がったあとサイドミラーに小さく映る姿がモンサンミッシェル。

機能が積み上がっただけの建物。

comment 0

不連続の連続

千利休の黒茶碗を作った楽家の初代長次郎から15代吉左衛門、次期16代篤人まで

それぞれの世代の茶器が展示された『茶碗の中の宇宙』へ。

初代長次郎(16世紀)が利休から依頼された華美を削ぎ落とした黒く無釉で粗野な形。

三代 道入(17世紀)が本阿弥光悦に教えを受けて作風を練ったり、逆に道入に

習い作った赤楽茶碗 『乙御前』は肉厚薄く椿の花が風に靡くような形。

15代 吉左衛門(現在)焼貫黒楽茶碗は破れる寸前まで焼き貫き強烈。

吉左衛門の茶碗にはサブタイトルがつけられていて

•『厳上に濡洸ありⅢ』厳裂は苔の露地 老いの根を噛み  とか

•夜起対月(よるおきてつきにたいする)  とか

作風も器から飛び抜け精神世界が現れています。

器という括りだけの自由表現が『不連続の連続』といわれる所以です。

15世代も続く葛藤にしびれる。

comment 0

應挙

im20161120a

根津美術館の円山応挙展へ

江戸中期(1733〜1795)

ぜひ見たかった龍門図。

20161120

3幅で一対。

黄河の急流を登ると龍になれるという鯉の滝登り。

真ん中の絵、勢い流れ落ちる水を描かず白抜きで表している技法。

その奥に鯉が体も捩らせず弾丸のように上を目指す。

鯉は精緻に描かれ、眼は一点を見据え覚悟ある表情。

左右の穏やかな絵が対比になって余計際立つ。

ゆさぶられる一枚。

comment 0

富貴寺

大分県の国東半島にある国宝富貴寺ここをメインに寄り道しながら回ってきた。

 

広島県福山市の瀬戸内海に面した造船会社の社宅

SETO  原田真宏+原田麻魚

斜面に建ち接道から17段上がると屋上がパブリックスペースに。

海側はキャンティとなって浮いている。

コンクリートとコールテン鋼。

東西の窓には洗濯物が干され人の存在を感じるが

それを忘れるぐらいの廃墟感。

20150815a

 

20150815c

20150815b

20150815d

 

ここから歩いて3分

同じ造船会社の社宅

せとの森住宅  藤本壮介

木造13棟 26戸 規格、屋根勾配同寸

日本集落を抽象的に表す。

ステンレス波板が全ての仕上げ。屋根が白いのは

空を映しているからで壁は山の緑が映り込む。

20150815mori b

 

20150815mori

20150815mori c

20150815mori d

 

この2ヶ所の建築も素晴らしいが

社宅としてこの時代に思想のある建築を依頼した会社が素晴らしい。

 

 

広島市環境局中工場  谷口吉生設計研究所

ゴミ処理場。

海岸まできれいに整備され廃棄物処理場を感じさせるものは

1周回っても見受けられない。ただただデカい。

20150815fukuyama

20150815fukuyama b

 

IM20150815fukuyama c

 

 

広島市 世界平和記念聖堂   村野藤吾

 

時間がゆるすならいつまでも居たい場所。

 

20150815heiwa

20150815heiwa b

IM2015heiwa c

IM20150815heiwa d

20150815heiwa c

 

 

 

大分県国東半島に入り気になる構造物発見。

建築面積100坪は楽に超える物体

量感と荒々しさと建築物が無口すぎるので怖い印象。

掩体壕(えんたいごう)です。第2次戦時中、航空機を空爆から守る格納庫で

左右の長さは主翼からくるフォルム、小さい山は尾翼側。

負の遺産だが、いつまでも残したい建築物。

 

20150815ooita

20150815ooita b

20150815ooita c

 

 

 

国宝 富貴寺(718年)

何年か前 アサヒビールのCMで福山雅治が

この前で天を仰いでいた。

 

20150815fukiji

 

 

 

20150815fukiji a

 

 

20150815fukiji c

 

 

 

 

20150815fukiji d

 

総榧つくり (将棋盤によく使います)

3間4間 宝形屋根

軒の出と柱の長さがほぼ同じで

このプロポーションが成立している。

時間のゆるす限り居たが離れるのが名残惜しいとは

このことでした。

 

 

20150815fukiji d

 

鬼門側より

comment 0

chaconnee

20150626

ご縁を頂き名古屋に洋服のお店を作らさせていただきました。

オーナーの姿勢、素材(糸)を重視した服。

この場所を選んだ理由、近隣のお店との関連性。

お聞きした事を巡らせるとあまり作り込まずオーナーの思いの中枢が

現れたらそれでいいと思いました。

写真ではまだ洋服は入っていませんが、夕暮れ近くに工事が仕上がり、それから

家具をセットし照明の向きを検討して最後にオーナーに座ってもらいました。

この度は店舗ですが住宅についても家の佇まい、玄関の顔は住まう人を表します。

なにも作品を作っているわけでもないのですが土地と住まう人の背景が混ざり

街並に心地よさを出してくれたらといつも思うのです。

comment 0

カルロ・スカルパ

イタリアの建築家カルロ・スカルパ(1906〜78)

その仕事をいつか現地で体感したいと長い間焦がれながら、いきおい行ってきた。

ベネチア空港に降り立ち、ヴェローナにあるカステルヴェッキオへ

14世紀に造られた城を美術館に改修したもので、スカルパが着手する以前に2度改修されているが

成果のない内容だったらしく1958年、6年の歳月をかけ現存の形、観覧経路になった。

20150221B

跳ね上橋から城内中庭へ。

20150221C

 

20150221L

 

20150221E

西塔と東塔の間にある騎馬像

午前中は一度退館して夕方に再入館。

20150221D

20150221F

20150221G

大理石と鉄とコンクリートと光。

素材の使い方。視覚効果。試行をかさねた仕事に心酔。

 

ブリオン・ヴェガ墓地   サン・ヴィート

ラジオの修理工から一代で電機メーカーブリオン・ヴェガ社を築いたジュゼッペ・ブリオンの死を弔い

婦人が1969年にスカルパに依頼。

20150221H

 

最寄りの駅をうっかり降り忘れ時間配分もあり結局タクシーで移動。

バスや徒歩で行くはずのたどり着いた感も味わえず。

20150221I

すべてが精緻で宇宙的。

未熟な自分はひとまわりしただけでお腹いっぱい。

20150221K

 

 

 

 

クエリーニ・スタンパリア財団美術館

財団の会長がスカルパに1Fと庭の改修依頼。

20150221L

20150221M

20150223c

20150221K

門の向こうの水路にゴンドラがすり抜ける。

 

 

オリベッティーの店(1958)

タイプライターでイタリアを代表する企業だったオリベッティーがスカルパに依頼したショウルーム。

1997年に同社の凋落とともに手放され土産物店として使われていたが

2011年に環境遺産として修復。昔のタイプライターもそのままに。

2回訪れたが、時間が合わず閉店状態、ガラスに張り付いて中を覗き込むばかり。

20150221O

 

スカルパオンリーで濃い旅でした。スカルパ自身、日本建築好きで何度も来日。

最後は仙台で客死。

体に染み込んだものが少しでも仕事に染み出ればと思うのでした。

comment 0

ホドロフスキー

新聞記事に敬愛する松岡正剛氏(編集工学研究所所長)がある映画監督について記載していた。

内容はアレハンドロ・ホドロフスキー監督(85)の今年公開の作品(自伝的作品)についての感想だった。

(僕の中では前衛的な監督でジョン・レノンが絶賛してたといったくらいの感じ)

いつも冷静な論評なのに、ぶったまげた感じがありありと伝わってきて

神戸で上映中ということでそのまま向った。

上映開始から20分程は胃を掴まれたような厭な感じで始まり

中盤になると確かにぶったまげな連続で、予想など立たない発想

終盤につれ説明出来ない不思議な感覚になった。松岡氏の言葉を借りれば

『なにより心が攫われた』と書いてます。う〜ん確かにそう

これを観られて幸せです。

20140916

comment 0

手の跡

20140317

 

井原市の田中美術館で開催されている大平實展

副題が『砂漠からの風』とあるとおり作品の背景には乾いた空気

が感じられ言葉ではなく体と手の感覚で削りだした原始な発信。

高さ約4mもある作品の周りを何回となく歩き微妙なラインに感動

するのでした。

comment 0

ナナフシ

早朝、草取りをしていると濡縁の上に小枝が落ちていると思いきや

ナナフシモドキがへばりついている。

手に取ってみると『僕はゆらゆらと風に吹かれている小枝ですっ』と

ばれてはいないかもと熱演する彼は捕食されるかもしれない恐怖もあいまって

動きがガチガチだ。鳥とか外敵に食べられないように小枝に模してますが、

彼は観察する力と強い意志で変化したんだな。

しかしボディーラインが究極にストイックで人間は体の特徴で性格も分かるという

が彼の場合は・・と妄想は続く。